お寄せいただいた声スクールの特長

JOBAはベースキャンプ

張江 幸男
海外・帰国子女教育専門機関JOBA顧問
国際教育アドバイザー
前全日本空輸(株)海外子女教育相談室長
元三菱商事(株)相談室長
元ニューヨーク日本人学校校長
元台北日本人学校教頭

 

JOBAとのお付き合いは15年になる。三菱商事の相談室に勤務した頃、子どもが筑波大付属に合格したが、東京近辺に親族がいないNYの社員から、責任を持って預かってくれる施設を求められたのが端緒となっている。帰国子女をサポートしてくれる教育機関は、根強い親のニーズから、幾つもできたが、それ以上に消えていったものが多い。そのなかで、困難を乗り越えてJOBAは存続し、時代に即応して活動内容を充実させ発展させてきた。

私の脳裏には、大登山をするときのベースキャンプの役割が、国際教育におけるJOBAの存在としてクローズアップされてくる。

利用者側からJOBAをみていくと、いくつかの大きな役割を担っていることがわかる。

 

学びのガイド

子どもの学びの場所は、どこであっても、自分の今の学び方はこれでいいのか。広い視野で現在の学力を診断し、次に進む道に向けての的確なアドバイスがほしい。情報の少ない国外にあっては、親子ともにこの不安は拭いきれない。JOBAは世界各都市でスクールを開き、通学者に指導し、診断し、助言を与えてくれる。滞在地のいずれにあっても、長期の休暇時の講習会や、通信教育で、多様な学習に参加できる。帰国後の講習会では希望進路に合わせた教育をし、詳しいデータに基づいた助言をしていただける。通学中の学校での学び方、家庭での学び方。まさに学びのガイドである。

 

親心を理解した、共感しあうアドバイス

一万人の親子がおれば、一万の教育問題が存在する。JOBAは子どもに対する親の願いを共感し、連携しあって子どもに対する理解も、学習方法も支援する。海外子女教育の長い歴史の中から得た多数・詳細な情報をもとにして、進路への共同思考を醸成していく。情もあるが、客観的な情報の分析はシャープに行い、親は納得して受験に赴く子どもへの激励をすることができる。さらに親心そのものがJOBAガーディアンシップセンターである。国内で唯一の帰国生のための学生寮はダイアモンドの価値がある。

 

確実な登山計画があってこそ登頂を

登山もあれば下山もある。二つがスムーズにできてこそ登山は成功となる。海外に行く子どもたちも、現地での教育情報が事前に把握しておれば、効果的で充実した海外生活がおくられる。JOBAには世界の教育情報が網羅されている。さらに、国内の学校情報は詳細を極めている。子どもや、親だけでなく、海外の先生方にとっても、JOBAの情報は貴重である。おそらく求めるならば、快く情報の提供は受けられるにちがいない。

 

おわりに

子どもの教育にとって、海外へ行くことも、逆に帰国することも、大きな登山に例えられる人生の大事業である。登山にとってベースキャンプは、目的を達成するためになくてはならないものである。だから、ベースキャンプの働きをしているJOBAに感謝し、JOBAの一層の活動充実を願わずにはいられない。

JOBAはありがたい存在

塚本 吉紀

現全日本空輸(株)人事部海外子女教育相談室長
前三菱商事(株)人事部海外子女教育相談室長
元ジャカルタ日本人学校教諭
元ロンドン日本人学校校長

 

JOBA(Japan Oversea Bridging Academy)は、1981年に帰国生や海外生の教育専門支援機関として設立したと聞いている。昔ロンドン在住時にかかわったヒノキ塾との関連があると知り、懐かしく思った。受験シーズンに責任を持って学習指導をしつつ宿泊をも受け入れる施設として知ったのがJOBAであった。帰国子女受け入れ塾と名のり、帰国子女をサポートし、経営上難しいときもあったろうが困難を乗り越えその時に合った活動内容を取り入れ、今では中学校や高等学校受験をする帰国生の保護者に最も頼りにされている。

 

不安解消への近道

海外に滞在していると国内では気にもとめなかったことが気になる。小さいことではあっても親子ともにこの不安をぬぐい得ないことが多い。特に学習の面となるとこの不安は大きい。世界の各都市にて講習会、説明会、相談会などを開き、滞在者の親子に診断、指導、助言を与えてくれる。さらに、長期休暇の講習会や日々の通信教育にも力を入れている。一時帰国や帰国後の講習会では進路希望に合わせた学習計画を援助し、学習効率と効果を求めた指導をもしてくれる。データによる指導も併用している。

 

理解あるスタッフのもとで

JOBAは海外子女教育とのかかわりは長い。その間に得た多数、多面、詳細な資料を基に、目の前の帰国子女の実情を掴みつつ進路を的確に導き、激励し、自己決定への強い後押しをしている。子供のデータを親の要望に応じ面倒がらず分析し、親と連絡をとり、親が納得後、子供に直接、精神的援助ができるようにと応援をもしている。海外在住経験者にとって求めている的確な情報資料を客観性と主体性を組み合わせて分かりやすく解説し、今後の方向性を親子に提示し、意気ごみを盛り上げてくれる。

 

おわりに

営利のみ追求し、経営をされている塾とは異なり、学習者、保護者の実態をまず把握する良心的な、頼れる指導者の多い塾である。企業と準会員制を結び、その企業の社員に受験資料面、経費面、活用面などの多くのサービスを行う。JOBAの存在に目を向け感謝するとともに、今後の一層の活動、充実、発展を願っている。

その他、様々な学校・団体等からの応援メッセージのご紹介

学校選びに不安を感じている保護者のために、価値の高い情報を提供されていることに敬意を表します。これからも保護者・学校のための活動をしていただきたいと思います。

洗足学園

 

世界の掛け橋になってください。

加藤学園暁秀中学高等学校

 

理事長はじめ学園全体で感謝してします。

土浦日本大学学園

 

国際感覚豊かな生徒が、日本の中学高校でよい影響を多く与えてくれることを願っています。

東横学園中学校高等学校

 

帰国生のために、学校と共にがんばっていただければ幸いです。

国立大学附属中学

 

JOBA・アイウエアの活動は、海外在住の日本人家庭と受け入れの学校をつなぐだけにとどまらず、ネイティブ教師の派遣など教育プログラムまで多岐に活動している。学校が変わるにはこうした活動が大変有意義だと思う。

社団法人かながわ民間教育協会常務理事 荒谷 博孝

ページの先頭へ戻る